人気のある介護職求人サイトから選ぶランキングトップ5

第1位 介護iランド

  • 『優良派遣事業者』認定されているサイトです

  • 気軽に応募できるスタッフ登録会があります

  • 個人の資格やニーズに合ったキャリアアップができる

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

介護iランドに対するみんなの口コミ

子供も小学校にあがったので、結婚前に働いていた介護職への再就職を考えていました。しかし、ブランクもある上に、まだ時間の融...
介護求人アイランドは、スタッフ登録会の受付が長いので、まだ前の仕事を続けながら転職中の身にはとても助かりました。当日応募...
私は、今の介護の労働環境がひどく、ほかの施設への転職を考えているときにこのサイト出会いました。現場の厳しさは身に沁みて感...

東証一部上場企業が運営するサイト

介護求人アイランドを運営する『セントメディア』は、東証一部上場企業である『株式会社ウィルグループ』のグループ企業です。そのため、安心のクオリティを約束しています。

第2位 e介護転職

  • 毎日求人情報が更新されている求人サイトです

  • 写真や動画の掲載で職場の雰囲気が詳しく分かる

  • 履歴書自動作成ツールでらくらく

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

e介護転職に対するみんなの口コミ

私は未経験なのですが、介護の仕事をしたいと思い、転職を決めました。資格講座の申し込みでギフトカードがもらえるのがラッキー...
e介護転職は、なんといっても、毎日求人情報が更新されるのが魅力だと思います。しかも掲載している求人情報も多いですよね。た...
求人数が多いのも魅力のひとつですが、それ以上に、掲載されている求人先の雰囲気が、写真や動画で見られるのも大きな魅力だと思...

資格がない未経験者を応援します

掲載中の資格講座を申し込むとギフトカードをプレゼントするキャンペーンも行っています。e介護転職は、資格がない未経験者も応援しています。

第3位 介護求人ナビ

  • 豊富な検索方法で探しやすいからすぐ仕事がみつかる

  • 面接レポートもたくさん掲載されているから掴みやすい

  • マンガやコラムで分かりやすい介護の仕事のこと

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

介護求人ナビに対するみんなの口コミ

介護求人ナビは、アプリが出ていたのが良かったです。というのも、私は今の仕事をしながら、介護職の転職活動中なので、片手間に...
なんでもそうだと思いますが、特に介護職の求人サイトは内容も見た目も堅苦しいものが多く、字ばっかりで、私には非常に見づらか...
検索の仕方が何通りもあるので、「この条件でなくてもこっちで…」と色んな切り口で求人が探せたのがよかったと思います。同じよ...

アプリもリリースされている介護求人サイト

介護求人ナビは、スマートフォンなどに向けたアプリもリリースされています。アプリでサクサク求人情報が見られるので、忙しい求職者にはぴったりです。

第4位 カイゴジョブ

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

年間60万人が利用するカイゴジョブ

年間60万人が利用する、介護の求人情報サイトです。サービスの利用が完全無料なのに加え、運営会社も東証一部上場企業というところが人気のサイトです。

第5位 介護DB

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

介護に関する情報満載のかいごDB

介護リフォームや食事宅配、介護に関するQ&Aなど、介護についての細やかな情報が載っているサイトです。

介護士の給与事情

車椅子介護士は派遣や正職員、非常勤などさまざまな雇用形態がありますが、実際のところ給与事情はどうなのでしょうか。そもそも介護士は専門職です。専門職は専門性に価値があり、その価値に対して対価である給与を得ることが出来ます。
現在介護士として活躍されている方のほとんどは、専門の養成学校などで1から介護について学んだ方ではなく、実際に現場で働きながら専門職として必要な技術や知識を身につけた方です。未経験で介護の仕事を始めた当初は、専門職なのに専門性を持っていない状態ですので当然給与は低くなります。いわゆる「見習い期間」と言えるかもしれません。そこから自己研鑽に励み、さまざまな事を経験し専門職として成長していく事で、それに見合った形で給与が上がっていきます。それほど勤続年数による昇給は見込めないケースが多く、努力を怠るといつまでたっても低賃金のままという事もあり得ます。
それとは逆に、介護福祉士の資格を取得するなど、客観的にご自身の価値を証明できる場合は、例えば介護福祉士の派遣の場合であっても高い時給で働く事が可能です。特に条件のいい求人は公開されていないケースも多くありますので、介護士の転職をお考えの際には転職サイトなどに登録するなどの方法をおススメします。

介護士という職の将来性

かるたテレビなどでは「高齢化」というワードが毎日のように聞かれます。日本の社会においては、現在人口が減少し始めると同時に高齢者の人口比率が今後も高まっていく事が想定されています。そのような社会において、労働力の需要が高まる業種は何種類かありますが、特に介護業界は労働力の需要が高まる事が予測されています。
介護士や介護福祉士は専門職に分類されます。専門職は仮に自身が所属している事業所に何かあっても、技術や知識など介護士としての価値を提供さえできれば業界内では求められる存在として、いい条件で再就職する事が出来ます。特に今後いわゆる団塊の世代が本格的に高齢者となり、そのうちの何割かの方が要介護者となります。現在の介護士数ではとても対応できないと言われています。
要するに今後未経験の方がどんどん介護士になる事が見込まれているのです。そういった方を指導したり、今までの経験を活かして現場でリーダーシップを発揮できる存在はとても貴重であり、どこの事業所においても多少高い人件費を払っても雇いたい存在となりえます。そういった役割を担うためには、当然ですが日頃から自己研鑽に励み自分自身の価値を高める必要がありますが、その分の将来性は十分に見込める職と言えます。

職場の男女比率

食事の準備介護士の求人への応募を検討されている男性の中には「職場に女性ばかりなんて事はないのだろうか」など介護事業所の男女比率を心配しておられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。実際、介護士は全体では圧倒的に女性が多いですが、提供しているサービスによっては男性比率が高い職場もあります。
介護保険のサービスにはさまざまな種類のものがありますが、特に施設サービスと呼ばれている「特別養護老人ホーム」や「介護老人保健施設」、その他特定施設と呼ばれている「有料老人ホーム」や「グループホーム」などについては、事業所によっては所属チームに男性の方が多いといったケースもあります。
その理由はいくつかありますが、施設の場合重度な利用者が多く身体介護の頻度が多くなります。さまざまな技術を活用しても、介護者の力が必要になる場面も多くあり女性には身体的な負担が高くなってしまいがちです。また、施設サービスは正職員の比率が高く職員側からしても安定した収入が見込めるというメリットがあり、男性に人気がある一因となっています。
事業所の考え方によって同じサービスでもかなり男女比率が違うケースもあるので、ご自身が働く職場の男女比率が気になる方は、必ず面接などで確認するようにしてください。

自分に合った職場で働く

手をつなぐ介護士は派遣や非常勤などさまざまな働き方が出来る仕事です。違った業界から転職して介護士として働く方も多くいらっしゃいますし、それ以外にもステップアップの為に業界内で転職される方などさまざまです。結婚や出産、子育てなどご自身のライフステージが違うと理想の職場も変わりますよね。介護士はさまざまな方を対象にした求人が多くあり、自分の理想の働き方が出来るチャンスが多い仕事であると言えます。
事業所によっても考え方がかなり違います。円熟したスキルを持った即戦力を求めているケースもあれば、1から育てて末永く働いてもらう事を目指している事業所もあります。経験者や有資格者の方は、現在のご自身の状況と職場に求めるものを整理して、優先順位を検討し、介護の求人を検討するだけで条件通りの職場で働くことが出来る可能性は高いはずです。未経験の方は、将来的にどうなりたいのかをイメージして職場探しをすることをおススメします。自分に勤まるかどうか不安といった方の場合は、まずはパートなどでお試ししてみるのがいいのではないかと思います。
介護保険ではさまざまな種類のサービスがありますが、それぞれ勤務時間や業務内容が違いますので、まずはインターネットなどを活用して詳しい方の情報を参考にしながら職場を検討してください。

▲ ページトップへ